■ SyncCapsLock v.1.0(2012/3/6)

ことえりをご利用の方の中にはcaps lockで入力モードを切り替えておられる方も多いかと思います。
Snow Leopardでことえりを使っていると、ウィンドウを切り替えるだけでcaps lockの状態に関わらず入力モードが切り替わってしまうことがあり、非効率この上ないのでこのアプリケーションを作りました。 SyncCapsLockはcaps lockの状態に反する入力モードの切り替えを防止します。
ことえりの設定で「押した時「英字を入力」」か「上げた時「英字を入力」」に設定している場合にのみ対応します。
SyncCapsLockはフリーウェアです。ソフトウェアを改変しない限り、自由にご利用いただけます。

使用方法
ダウンロードしたファイルを展開し、適当なフォルダに入れて起動してください。

制限事項
カタカナ入力モードや全角英字入力モード、半角カタカナ入力モード、アイヌ語入力モードに切り替えるにはcaps lockを日本語入力モードにしてください。 「上げた時「英字を入力」」に設定している場合はcaps lockがロック状態のときのみカタカナ入力モードなどに切り替えることができます。 反対に、この設定でcaps lockがロック状態の時、英字には切り替えられません。

SyncCapsLockのユーザサポートは行っておりません。
MacOS X10.5では動作しません。また、10.7は未確認です。

・動作環境
 MacOS X 10.6
ダウンロード(152KB)


■ ことえり辞書ビュアー v.1.0.1(2006/10/28)

ことえり辞書ビューアーはことえりのユーザ辞書に登録された単語を閲覧する目的で作成しました。
一覧、修正、削除が可能です。
ことえり辞書ビューアーはフリーウェアです。
ソフトウェアを改変しない限り、自由にご利用、配布してください。

・動作環境
 MacOS X 10.4以降。(Universal Binary)
ことえり辞書ビューアーヘルプ
ダウンロード(56KB)

ことえり辞書ビューアーはDictionary Managerを利用していますが、MacOS X 10.5(Leopard)ではDictionary Managerは非推奨のAPI(Application Program Interface)になっています。
Leopard上で辞書が壊れる等の致命的な問題は発見されておりませんが、Leopard上ではことえり辞書ビューアーを登録単語の一覧表示するためだけに利用することをお薦めします。
残念ながらLeopardに対応するDictionary Manager相当の新しいAPIは公開されておりません。

・2010/3/16追記
Snow Leopardでも動作しますが、Leopard以降は単語の削除ができない場合があります。